SW工法の家:コンセプト/高気密・高断熱・高耐震構造

SW工法とは?

建物全体を断熱材と高断熱サッチで包み、まるで魔法瓶の中のような空間を作り
部屋と部屋の温度差を少なく、夏でも冬でも外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現します。

SW工法の高気密・高断熱・高耐震構造

高性能なSWパネルは通常使われるグラスウールの2倍の断熱性能を持つ発砲ポリウレタンを断熱材として採用しています。
または気密パッキン、断熱パッキンを使用することによってさらに気密・断熱性を向上させています。

サッシは断熱・防露仕様のものを採用。アルミと樹脂の複合構造が高い断熱性を発揮します。

基礎にも断熱材を施工し(地域や地盤の状況によって異なります)ドアや床にも断熱のための構造や素材を使用し耐震にも配慮しています。

SW工法の家:24時間換気システム/冷暖房の工夫

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。