北海道南基準高断熱住宅

北海道高断熱住宅

北海道南基準高断熱住宅とは、よく「高気密」「高断熱」と一言で言えば簡単ですが、そのレベルは様々です。家の外の暑さや寒さ、湿度などの影響を受けにくく、一年中、快適な室内環境が保てるのが高気密・高断熱の家です。特にその基準では北海道のようにとても厳しい寒さでの家の中は快適は温度環境を保つことができる、最高基準と言われております。

当社が特にお勧めするのは、北海道南基準の高気密・高断熱で、かつ耐震等級は最高の3等級。そして制震機能までついた高性能住宅です。もちろん長期優良住宅になっています。高気密高断熱は目に見えてわかる事ではないので伝わりづらい事ですが、冬の寒さの厳しい時こそ、高気密高断熱の性能が「家族の健康」を守ります。是非冬の暖かい心地良さを感じていただきたいです

当社の住宅の断熱性能は『北海道南部』と同じ基準です。
北海道南基準高断熱住宅に住むとここが違う
家族の健康は家で決まる01

家の断熱性を高めるには、一般住宅と比べると建築コストがかかります。しかし、断熱化で削減できる暖房費が年間で36,000円とすると、30年でおよそ108万円も暖房費を削減できる計算になります。住宅ローンと同様に長い目でみて、ライフサイクルコスト(住宅の生涯コスト)で判断すると、断熱化にかかるコストアップも検討しやすいのではないでしょうか?


家族の健康は家で決まる02

断熱性の高い家は、暖房費の削減効果だけではなく、先述でご紹介した健康改善効果もあり、医療費の負担軽減にもつながります。その効果を3人家族で試算してみると、年間で約3万円少なくなることに。つまり。30年でおよそ90万円も医療費が軽減できる計算になり、断熱化によるコストアップは、決して高い買い物ではないことがわかります。

断熱材にかかる費用は建築全体の11〜12%程度です。

建築コストにおける断熱化費用の割合

オーナー様も実感。6つのポイント
オーナー様も実感。6つのポイント
オーナー様も実感。6つのポイント
オーナー様も実感。6つのポイント
お問い合わせ電話