防犯・安全の家

防犯・安全の家

予知防犯で侵入されない家づくり
”防犯への意識の低さ”は”身近で犯罪が起こっていることを知らない”ということに由来していると思います。 犯罪者には「”入りたくない”、”入りにくい”、”行動を起こしてみて入れない”」という3段階の心理状態があり、 犯罪者には「”入りたくない”」という意識を植え付けられるかどうかがポイントです。
これを「予知防犯」と呼び、土地・建物へのご提案をさせていただいております。

空き巣、居あき、忍び込み、押し込み強盗、居直り強盗、待ち受け強盗、緊縛強盗、ストーカー、のぞき、下着泥棒、強姦、放火、殺人・・・様々な凶悪犯罪が多数起きているこの世の中で、あなたの地域に実際どんな事件が、どれだけの件数で起きているのか、ご存知ですか?
防犯対策をするには、まず、これらを知って防犯意識を高めることが大切です。

様々な犯罪の中には、犯罪プロ集団が犯罪を完全にビジネス化して、下調べにもかなりの時間をかけ、証拠を隠すために殺人、放火をするなど大変凶悪化しています。
犯罪者が狙う家には理由があり、狙われている側が無防備では犯罪者の餌食になってしまうのです。
もしも防犯対策がしてあり、「入りにくい」 「入りたくない」 「やってみたが簡単には入れない」と犯罪者に思わせる防犯対策をした家であれば、犯罪者は下見の段階であきらめてしまいます。

どんな犯罪が降りかかってくる可能性が高いか予知し、被害にあう前に手を打つ、予知防犯対策こそ、現代の防犯対策なのです。

防犯設備を付けただけでは効果的な防犯対策ではありません。

防犯グッズのようなハード面(防犯ガラス、防犯カギ等)だけの防犯対策では、ほんの20%程度しか効力がありません。実際に防犯住宅として機能するには、住んでいる人の防犯意識(ソフト面)が最も重要なのです。

予知防犯できる住宅=ハード面20%+ソフト面80%

防犯・安全の家 ハード面

防犯性能の高い建物部品(防犯ガラス、鍵など CPマーク※ の付いた建物部品)、センサーライトなどの防犯グッズ

防犯・安全の家 ソフト面

犯罪の種類を知り、犯罪者の心理・行動を考え、犯罪者が「入りたくない ・ 入りにくい ・ 入れない」と思わせる対策 (防犯知識・防犯意識・防犯対策)

当社は、日本防犯学校学長 梅本正行 氏のご指導により、正しい防犯知識、防犯対策を勉強し、「セキュリティ・アドバイザー」資格を取得したスタッフが、住まいの「安心」と「安全」のために、そして何よりも、お客様ご家族の大切な命を守るために、起こりうる犯罪や犯罪者の心理を考え、「予知防犯学」に基づいた防犯対策を提案せていただきます。

お問い合わせ電話