家族の健康は家で決まる!

家族の健康は家で決まる

健康で過ごすには「適度な運動」と「食生活の改善」の2大ポイントが重要ですが、欧米では、それだけではなく「住宅の健康安全性」にも目を向けています。それは、住宅と健康が密接に関係しているからなのです。

健康になる住宅は、断熱性能・気密性能が高いほど、暮らし心地がよくなり、省エネの住宅になり、さらに健康の改善率も高まります。

まず、総務省のデータで日本人の死亡の割合が多いのは夏場より冬です。その原因は、家の中の温度差が深く関係しているのです。冬場のトイレや浴室、脱衣所で感じる急激な温度変化が体へのストレスになり、血圧の急上昇が大きな負担となり、心筋梗塞や脳溢血、脳梗塞などの原因となります。また、それらが転倒や浴槽内での溺死という事故を引き起こす場合もあります。病気も事故も家の中の温度差が深く関係していると考えられます。

そのためには、断熱グレードの高い家を建てることが健康の秘訣です。

これから、家づくりを検討される方には、建てる前に知っておいて頂きたい情報です。

下記のようなことでお困りではありませんか?
家族の健康は家で決まる01

冬場は深夜になると冷え込み、室温が下がります。トイレに起きて、寝室を出た時にブルッと震えた経験はありませんか?就寝中の布団の中は、およそ28〜33℃。室温が10℃程度とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃以上の温度差を感じ、廊下やトイレに移動すると、さらに室温は下がります。このヒートショックこそが健康の大きなリスク、注意が必要です。


家族の健康は家で決まる02

一般のお宅に協力していただき、札幌から大阪まで、冬場の寝室の温度を計測したところ10℃前後が多いことがわかりました。これは多くのお宅が就寝前には暖房を消していることの表れ。深夜起きた時のヒートショックを解消するためには、部屋の断熱性や暖房による対策が求められ、特に高齢者の方の寝室は十分な拝領が必要となります。

家族の健康は家で決まる03

転居前と転居後で、健康の状態がどのように変化したか?という調査を行ってみました。そうすると、断熱性の高い住宅に住み替えた人の方が、気管支喘息やアトピー性皮膚炎など、健康を害する諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。特に、気管支喘息やのどの痛み、ぜひ、アトピー性皮膚炎における改善率の高さは注目に値します。


家族の健康は家で決まる04

家の断熱性と健康との関係について、さらに詳しく調べてみました。それは、飲酒・運動・喫煙・断熱の4つの要因で、どれが健康改善への貢献度が高いのかという調査。その結果を症状別にグラフに表してみると、どの症状においても断熱が最も健康改善に貢献するという結果となりました。家の断熱が健康な暮らしにいかに重要であるかがわかります。

家族の健康は家で決まる05

家の中で最も寒い場所といえば、トイレではないでしょうか。そんなトイレの室温を暖房も使わずに、断熱性を高めるだけで4℃も暖かくできると聞けば、ビックリしませんか?これは、断熱グレードを3から5に高めた場合の試算ですが、8℃か12℃まで室温が上がると肌で感じる寒さもやわらいで、健康リスクの高いヒートショックの解消にも貢献できます。


家族の健康は家で決まる06

2つの部屋が同じ室温であっても「体感温度」に差が出ることをご存じでしょうか?それは、人間の体が空気温度だけでなく、床・壁・天井面からの輻射熱も感じとるためです。たとえば温度計が20℃を示していても、断熱性の高い家は体感温度が19℃、断熱性が低い家は体感温度が15.4℃という違いが起こります。4℃近くも差が出るとは驚きではありませんか?

家族の健康は家で決まる07

夏はできる限り自然の風を採り入れて、エアコンの利用を抑えるなど、節電対策が求められていますが、冬もエアコンの設定温度を下げて節電されている方が多いのではないでしょうか?しかし、家の断熱性を高めれば、寒さをガマンする必要はなくなります。節電しながら暖かく過ごすことができるからです。それは、光熱費も節約できる。おトクな家でもあります。


家族の健康は家で決まる08

健康と家の断熱性の関わりはご理解いただけたと思いますが、省エネの暮らしを考える上でも、家の断熱性を高めることは大切です。上のイラストは、住まいにおける冬と夏の熱の熱の流出入について表したものですが、家のさまざまな箇所から熱が出入りしていることがわかります。その流出入を抑え、冷暖房効率を良くするためにも、家の断熱性や気密性を高めることが重要なのです。

家族の健康は家で決まる09
家族の健康は家で決まる10

夏はできる限り自然の風を採り入れて、エアコンの利用を抑えるなど、節電対策が求められていますが、冬もエアコンの設定温度を下げて節電されている方が多いのではないでしょうか?しかし、家の断熱性を高めれば、寒さをガマンする必要はなくなります。節電しながら暖かく過ごすことができるからです。それは、光熱費も節約できる。おトクな家でもあります。


家族の健康は家で決まる11

健康と家の断熱性の関わりはご理解いただけたと思いますが、省エネの暮らしを考える上でも、家の断熱性を高めることは大切です。上のイラストは、住まいにおける冬と夏の熱の熱の流出入について表したものですが、家のさまざまな箇所から熱が出入りしていることがわかります。その流出入を抑え、冷暖房効率を良くするためにも、家の断熱性や気密性を高めることが重要なのです。

家族の健康は家で決まる12

家族の健康は家で決まる13

お問い合わせ電話