災害から家族を守る家

災害から家族を守る家

最近は地震が多発するようになり、また台風が巨大化し、豪雨が頻発する等、今まで災害に無関係だった地域にも災害が発生するようになってきました。地震は境界プレート上にある国々(日本も含む)で多発するようになり、今までなかった巨大な台風が世界の各地で発生しています。地震は活動期に入った事や周期的に発生が予想されるようになってきていますが、台風や豪雨は地球温暖化による影響と見られています。スーパーコンピュータの予測でも、今後50年〜100年で地球の平均気温が2度上昇する事により、巨大台風が頻発し、世界各地で強風や洪水による被害が予想されます。

そこで、地震大国ニッポンにふさわしい、独自の「SWパネル」高耐震構造がこれからの家としてご提案します。

バランスのよい構造計画が、災害に強い住まいをつくります。

従来の木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。当社のSW工法は木造軸組工法に高性能SWパネスをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現します。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。
バランスのよい構造計画が、災害に強い住まいをつくります。

地震や台風などの外力に強いモノコック構造。

SW工法住宅は、壁面にSWパネル、床に28mm合板などを使用して強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造。台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。
地震や台風などの外力に強いモノコック構造。

耐震性・耐久性に優れたコンクリートベタ基礎

耐震性・耐久性に優れたコンクリートベタ基礎
堅牢な鉄筋コンクリートベタ基礎に、構造用金物を取付け高い耐震性を実現。さらに防湿シートを敷き、土台を腐らせる原因となる地面からの湿気を防ぎます。

スーパーウォールの家はこれまでも災害からご家族を守ってきました。

事例1
事例2
事例3

お問い合わせ電話