ゼロエネルギーで暮らす家

ゼロエネルギーで暮らす家

ゼロエネ住宅とは、高断熱・高気密の「高性能住宅」と 「省エネ設備・家電」、「創エネ設備」、そして「暮らし方の工夫」で実現するエネルギーゼロの暮らしをめざす住宅です。
これからの住まいに求められるのは、小さなエネルギーで快適に暮らすこと。 家族のあしたのために、 あなたもゼロエネの家づくりを考えてみませんか?

そのためには、基本性能の向上、効率的な住宅設備、創エネ設備、自然エネルギーの活用、暮らしの工夫 の5点が重要です。

基本性能

住宅の気密・断熱のことで、機械設備と違いローテクの部分なので将来的なメンテナンスも費用がかかりにくい為、非常に重要だと考えています。

高効率な住宅設備

給湯設備ではエコキュート・エコジョーズ・エコウィル・エネファーム・太陽熱温水器といったもので、空調設備では、超省エネエアコン・高効率換気等があり、その他、LED照明やHEMS(見える化モニター)などがあります。

創エネ設備

太陽光発電システムがもっとも実用的であり、建物にもよりますが5Kw前後は必要になります。

自然エネルギーの活用

暑いときに風を入れることで冷房負荷を低減したり、寒い時に日射をいれて暖房補助として利用したり、日昼生活する場では、光を多く採り入れることで照明を節電したりと、主にプランの段階で、計算していくことが非常に重要です。

暮らしの工夫

快適な暮らしの為とはいえ機械設備ばかりに頼ると、イニシャルコストやランニングコストは大きくなりすぎます。節電・省エネ意識を持ちながら、先人の知恵と先端の技術を複合し、健康で快適に暮らしていく事が重要です。

ゼロエネルギーの家のメリット

1.冷たさや温かさをキープ

ゼロエネ住宅は、魔法瓶のような保温性に優れた家。だから、外気温の影響を受けにくく、一年中快適です。さらに、部屋間の温度差や床から天井までの温度差が少なくヒートショックを防ぐ効果もあります。

2.いつも空気がきれい

ゼロエネ住宅には高性能な熱交換換気システムを設置しています。快適な室温・湿度を保ちながら家中の空気を入れ替えることができ、冷暖房費も節約。外気清浄フィルターによって、ホコリや花粉をシャットアウトし、クリーンな室内環境をつくります。

3.自然の風を活かす

自然の風を上手く活かせば、夏を涼しく過ごすことができます。夜は、防犯にも配慮した小さな窓を利用して、家の脇を通り抜ける風をキャッチできるように開き、スムーズに外へ逃がすことで、心地よい風が通ります。

4.光熱費を節約

毎日多くの水を使い、お湯を沸かしている水まわり設備。給湯機器はもちろんですが、保温性のよい浴槽や、手元でON・OFFできるシャワー、節水トイレを使うことで、大きな省エネ効果が期待できます。

5.目で見える効果

省エネモニターなら、電気・ガス・水道の使用量をリアルタイムに見ることが可能。部屋ごとの電気使用量もわかるので、子供たちも部屋の使用量をチェックでき、節電意識も高まります。

6.電気を自給自足

太陽光発で電気が自給自足できる時代になりました。わが家で発電した電気で、テレビを見たり、冷蔵庫や洗濯機を使うことは、光熱費が削減できること以上に、楽しさが感じられること。電気自動車に蓄電しやすい。
また、災害時の備えとしても安心できます。日中の停電時に太陽光発電の電力が使用可能。

7.光熱費ゼロでゆとりの暮らし

ゼロエネルギー住宅による年間光熱費は、光熱費ゼロを超えて11万円以上も副収入が得られる試算に。さまざまな条件によって、光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。

ゼロエネルギーの家にお住まいの方の声
事例1
事例2
事例3
事例4
お問い合わせ電話